社長あいさつ

株式会社アウトインは、ゼロエミッションを目標とする企業様の産業廃棄物のリサイクル化をサポートし、地球環境に少しでも貢献する事を行う趣旨で平成13年9月3日に設立致しました。

また、1.社会のお役に立つ事 2.企業のお役に立つ事 3.喜ばれる事 の3本柱を設立理念として志ある人達と共に創業し、その後大手製造業様との取引開始を機に、いろいろな種類の廃棄物や工程副産物のリサイクルに取り組むようになり、現在では約40社の企業様とお取引させて頂き、リサイクルネットワークも約30社程に拡大し、様々な材質に対して調査や検討が出来る体制を構築しつつあります。

また、工場で使用する部材の一部はリサイクルではなく、リユース事業を提案する活動なども行っております。
とは言え、工程副産物や廃棄物は工場によっても業界によってもラインによっても変わりますので、常に同じリサイクルが適用出来るとは限りません。

そういう場合に、我々アウトインのネットワークを駆使した調査が企業様のお役に立つと信じております。材質によっては、サーマルリサイクルがマテリアルリサイクルに変わる事も廃棄物が有価物に切り替わる事もあります。 皆様の工場で「これもったいないな」と思われる物があれば、是非ご一報下さい。
平成23年9月に弊社は10周年を迎えさせて頂きました。 これも一重に、日頃いろいろな宿題を出してご愛顧頂いた企業様のお陰だと肝に銘じ、更に環境でお役に立つ会社を目指して従業員一同精進して参りますので、変わらぬご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

 

リサイクルの方針

安全・安心で安定的なリサイクルを目指します!

 

安全第一

アウトインは、安全を何よりも優先します。
弊社がお客様に提案する会社は、実際にその会社を訪問し、設備を拝見し、リサイクル工程や出口の確認を行い、会社の業況やリサイクルに対する取り組み姿勢を確認して、自信を持ってお勧め出来ると判断した会社です。

安定第二

アウトインは、安定的なリサイクルを目指しております。
企業様からは、毎月のように継続して発生しますので、受け入れるリサイクル会社の能力(設備、置き場、稼働状況、出口の販路等)に問題が無く、継続的に受入出来るかどうかを重視して、リサイクル会社を選択しています。

 

コスト第三

アウトインは、コストを最優先事項としてリサイクルは行っておりません。
安全・安定の上に成り立ってのコストしか対応出来ません。なぜならば、廃棄物の場合は、過度な値下げ競争は不法投棄などの不適正な処理の温床になりかねないからです。また、有価物でも高値売却のため現地確認も出来ない輸出などは行いません。

 

ページ上部へ
ページ上部へ